自由人の独り言

思いつくまま気まま日記

MOTA車買取

愛車のスズキワゴンR・・・2020年4月に走行500kmの新古車で購入してから4年弱。
現在走行34400km、元気で燃費も良好。まだまだ走れる状態なのだけど、この度売却することを決意した。

理由は
*パンク修理した跡だと思うのだけど、1本のタイヤの空気が時間が経つにつれて徐々に漏れること。
昨年10月秋田一周ドライブしたさいに狭い駐車場で運転席ドア側面を木塀に擦ってしまったこと。
など気になる点がいくつか出始めた。
*毎日のように交通死亡事故のニュースを目にすること。どんなに自分が気をつけても避けようのない事故に関わる可能性があること。
*毎月の駐車場代、税金、保険、車検などなど固定費が大きいこと。軽自動車とはいえ車は税金の塊、処分すれば経済的にとても大きい。
*昨年12月から短期派遣で毎週2日間かならず勤務するようになったこと。休みで乗ることはできるけど、私の場合車を購入した一番の理由は一ヶ月に渡るような車中泊旅行で北海道や九州を回るため。そんな旅行には毎週定期的に働く仕事についているとほぼいけなくなる。いつまでこの仕事するかわからない状態で莫大な固定費がかかる車を維持する理由はない。
*次の車検は9月なので半年はこのまま乗れる。とはいえ4月には軽自動車税10800円が請求される。半年の間に乗れる機会は限られるので、自動車税を回避する考えでこのタイミングで決意。

ということで、車は買い替えではなく売却処分するということ。
購入したディーラーは「買い替えの下取りならそれなりの値段を付けることができるが、買い取りでは全然いい値段はつけられない。買取業者へ持っていった方がいいですよ」と自ら勧めている。

ネットで一気に複数社の買取査定できるサイトはいくつかあるけど、私はMOTAでやってみた。
MOTAにしたのは入札して上位3社だけと連絡をとるということだから。
3社と連絡とるだけでもそれなりの労力。それ以上と交渉するのは時間と体力が持たないだろうとおもったので。autoc-one.jp

2月13日夜にネットで登録、翌日14日18時以降3社から続々と電話がかかってきた。3社の電話応対でもそれなりに心身が疲弊する。とはいえ車で買取業者を回るよりはずっと手軽で楽にはなっているのだろう。

とりあえず、翌週20日、21日に連続して3社の査定をうける約束をした。

 

国交省、JALに抜き打ち監査 米2空港で滑走路無許可横断や停止線越え

1月2日の衝撃映像記憶がいまださめやらぬこのタイミングで国交省JALを抜き打ち監査するというニュース。


1件目:2023年11月5日シアトルにて成田発シアトル行きJL68便がRWY16R着陸後管制許可を得ないまま地上走行しRWY16Cを横断。

2件目:今月6日サンディエゴ出発時JL65便が管制指示に従わず停止線を越えてデルタ機が着陸態勢に入っている滑走路に侵入。デルタ機は着陸復行させられた。


と・まさに1月2日の事故を連想させるような事例を短期間に繰り返した。
2件目の事例は実際の管制通信をyoutuberが動画にまとめている。JALパイロットは管制の問いかけにまともな返答しておらず、意味を理解していないんじゃないの?とも思われるような通信内容。


「重大な事故に繋がらなくて良かったね」で終わるのか?かと言って「気をつけましょう」って注意喚起だけで再発防止できるとも思えないし・・・
JALさん安全運航しっかりしてほしい。

www.aviationwire.jp

www.youtube.com








 

Jリーグ10000名様無料ご招待は「囮?釣り?」プレゼント

Jリーグ国立競技場開催試合観戦に10000名様無料ご招待するとのプレゼントキャンペーン。FacebookInstagramなどなどネット眺めていたら何回も繰り返し表示された。

正直Jリーグに興味ないし、観に行ったことも行きたいと思ったこともなかったけど・・・新しく作った国立競技場観戦体験が面白いかな?と応募してみた。

1万人が当選するなら当たるんじゃないと25日の予定はあけていた。どのお友達をさそうかなぁ?と観戦するつもり満々でいたが、あっけなく落選・・・・・すかさず応募・落選した人対象にチケットを1500円割引で購入できるよとのe-mail到着。

プレゼント!と大々的に広告打っておいて本当はチケット1500円引き販売に誘導するのが目的だった囮か釣り?か?本当に10000名様無料ご招待したのかどうかも疑わしい。応募するためにJリーグIDなるものに登録させられたし、こんな売り方しているJリーグに大いにご立腹。

 

【重要なお知らせ】「飛鳥Ⅱ 2024年世界一周クルーズ」航路変更のお知らせ

飛鳥Ⅱが今年4月出発予定世界一周クルーズで、当初、紅海・スエズ運河を通航し地中海へ向かう航路を予定していたところ、中東イエメン沖ならびに紅海海域の情勢を鑑みて航路をアフリカ大陸・喜望峰経由に変更した。
人気の地中海寄港地がごっそりなくなる!悔しがる乗客が大多数だろうな?

海賊が跋扈しているとか、イスラエルガザ地区を攻撃しているなどの状況が4月にも改善しないという見込みなんでしょう。
ほぼ同じ時期にピースボートも地球一周クルーズで似たような航路を予定しているけどどうなるんだろ?

飛行機だろうが、船であろうが安全に旅行するには平和であることが絶対条件。
紛争のない地球になる日は来るのだろうか?

【重要なお知らせ】「飛鳥Ⅱ 2024年世界一周クルーズ」航路変更のお知らせ

エレクトーン発表会

自身何回目になるのだろうか?エレクトーンの発表会。上達しないのに懲りずに続いている。下手の横好きですな。

ソロ演奏:組曲展覧会の絵」よりプロムナード〜キエフの大門

Grade6の楽曲、今回はそれほど緊張しないで最期まで弾くことができた。エレクトーン一台で豪華なオーケストラの音、選曲が良くて意外と受けが良かった。

 

アンサンブル:風笛

先生のエレクトーンと、もうひとりの生徒さん三人での演奏。自分はメロディーを右手だけでの演奏なので難易度はそれほど高くない。息をあわせて演奏するのは難しいけど、それなりに面白い。

生徒さんの殆どは小学生と未就学児童。かわいく着飾ったリトルプリンセスたちの間で「あのおじさん何で出演しているの?」と思われているだろう。

1.5年に一回の発表会に向けての練習が大変だし、当日を迎えるまでの心理的負担は結構大きい。とはいえ発表会だけが会う機会になっている友人たち多数とお会いできる貴重な場でもある。面倒くさいとおもいつつも頑張って出演し続けている。

私の先生が師事しているエレクトーンの第一人者MAX鷹野さんが観客としてご来場しているというサプライズもあって、今回は話題が尽きない。

夜に星を放つ 窪美澄

 

夜に星を放つ 窪美澄
思うようにならない心をテーマに綴られた五篇の短編集。
それぞれの話につながる点はないが、いずれも星にからむエピソードがちょこっと入っている。
真夜中のアボガド:若くして双子の相方をなくした主人公、マッチングアプリで出会ったのは。
銀紙色のアンタレス:高一の少年は帰省先のおばあちゃんの家で幼なじみに告白されたものの。
真珠星スピカ:中学で虐めにあっている少女は交通事故で亡くした母親が幽霊として見えていた。
湿りの海:妻が幼い娘を連れて不倫相手の国アメリカへ行ってしまった男性の心情。
星の隨(まにま)に:小学4年生男児は両親が離婚。父親の再婚相手と生まれたばかりの弟と暮らしていた。

 

読みやすい文章でほんの2時間ほどで読了。
いずれも登場人物の心情描写が丁寧になされている。
窪美澄さんの著作は始めて手にしたがどの登場人物の言動にも共感できないし、独特の比喩表現は自分の好みではなかった。女性や学生にウケるのかな?図書館で1年3ヶ月待ちでようやく借りれた。世の中では評価されているんでしょうね。

2024.2.6 雪景色

前日昼から降り続いた雪は未明には止んだみたい。結構降り続いたので積雪3cmくらいか?

積雪したのは2年ぶりかな?雪だるま職人が登場していくつか作品できていたけど、どれも雪量がたりなくてパワーを感じない。正面のこども園のグランドも子どもたちが駆け回ってあっというまに溶けてしまった。

仕事していないし、車運転もしないのでもっとたくさん積もってくれたほうが楽しいのになwww。f:id:fretta2019:20240206105848j:imagef:id:fretta2019:20240206105852j:imagef:id:fretta2019:20240206105856j:imagef:id:fretta2019:20240206105901j:imagef:id:fretta2019:20240206105909j:image