自由人の独り言

思いつくまま気まま日記

岡山 鬼ノ城、備中松山城、高梁市吹屋地区

Hさんに誘われて岡山〜高知への旅行。
まずは最寄り駅からバスで羽田空港へ。テーマパークからのバスは減便しているけど、最寄り駅からのバスは通常ダイヤで運行していて助かった。05:40発は6人の乗客で発車。コロナ前は満席も多かったのに・・・
羽田空港第二ターミナルの出発案内板は八割方欠航。早朝出発便はほとんど全滅ということ。

f:id:fretta2019:20210517210157j:plain
f:id:fretta2019:20210517210551j:plain
搭乗したのはANA651羽田ー岡山A320、羽田07:25発、客は30人くらいか?定刻15分前にゲートにたどり着いたときには誰も並んでいなかった。

新幹線で行くことも検討したけど、結局飛行機が一番安くて便利そうだった。28日以上前に購入する条件で今回は12490円。直前購入だと15890円だったから二割くらい安くあがった。仕事でシフトでるまで購入できない人にはできない買い方。

f:id:fretta2019:20210517210208j:plain

全席機内モニター付き。立体マップ、機外カメラ映像、フライト状況などなどハイテク!f:id:fretta2019:20210517210218j:plain

客少ないし、トラブルなかったのに微妙に遅れて出発。岡山到着時にはその遅れが拡大して10分近く遅れていた。接続のバスに間に合うか心配したけど、そこはローカル空港。ちゃんと客を待ってからの出発。岡山空港から岡山駅へ連絡バス780円。自動券売機はSuicaが使えた。

岡山駅前にてニッポンレンタカー。予めじゃらんで予約していた小型車はカローラという結果だった。9時〜20時:4400円+免責が保証される追加の保険440円。f:id:fretta2019:20210517210231j:plain

小一時間走って鬼ノ城へ。狭い狭い山道をヒヤヒヤしながら運転。ようやく到着した駐車場には数台のクルマが停まっていた。周辺の山散策目的の人たちに使われているもよう。

www.okayama-kanko.jp

f:id:fretta2019:20210517212337j:plain日本百名城に選定されている古代山城。遺跡を発掘して西門を復元している。

f:id:fretta2019:20210517212348j:plain

ところが鬼ノ城ビジターセンターが月曜休館ということで、百名城スタンプを押せなかった。無念・・・百名城に選定されているのだからスタンプは押せるようにしておいてほしかった。

気を取り直して高梁市備中松山城へ。鬼ノ城から約1時間。平日なのでふいご峠(8合目)まで直接クルマで乗り入れる。5合目からの道は狭くて行き違い困難だが、上下に法被をきた係員が無線で連絡取り合ってクルマが行き違いにならないように誘導してくれた。駐車場では売店が営業していて、熱心に説明してくれる。地元の方のお城愛を感じる対応。

ふいご峠駐車場から頂上の本丸までは15分くらい険しい山道を登る。道はキレイに整備されているが、足腰にこたえる。

f:id:fretta2019:20210517213026j:plain

備中松山城は現存12天守の一つ。小ぶりながらもいい非常に良い雰囲気を醸し出している。明治当初の廃城令を受けつつも山頂に放置されていたところ、あまりにも山深く城下町からよく見えない場所のため政府からお咎めを受けていなかった。後年昭和初期に高梁中学校の先生が崩壊寸前の城を調査したのをきっかけに修復されたという経緯がある。現在は国指定重要文化財f:id:fretta2019:20210517213038j:plain天守入城料500円。

f:id:fretta2019:20210517213051j:plain数年前にも登城していたが当時は百名城スタンプは集めていなかった。今回はスタンプのために再訪。何度来ても良いお城。f:id:fretta2019:20210517215037p:plain

城の麓には美しい棚田が連なっていた。f:id:fretta2019:20210517213103j:plain

帰ってきてからHPを見たところ、なんとコロナにより緊急事態宣言に伴い臨時休城!タイミングよく登城できて運が良かった。f:id:fretta2019:20210517214449p:plain

高梁の城下町は往時の雰囲気が良く残っている。f:id:fretta2019:20210517215629j:plain男はつらいよ」シリーズの撮影も複数回行われた。

f:id:fretta2019:20210517215642j:plain

クルマは走っているけど、歩いている人は皆無。f:id:fretta2019:20210517215654j:plain

まだ時間があったので、更に一時間ほど走って赤い屋根が特徴の吹屋地区へ。

 

予備知識なく、高梁市の観光パンフレットで目についたので訪問してみたところ・・・f:id:fretta2019:20210517215934j:plain

f:id:fretta2019:20210517215946j:plain

赤いベンガラ瓦の古民家が並ぶなんとも素敵な町並みが江戸時代の雰囲気そのままに地区全体が保存されていた。その規模、雰囲気いずれも他に例を見ない素晴らしい集落。

fukiya-stay.com

そのうちの一軒。古民家を素敵な内装に改修してかっこいい「カフェ燈」閉店間際に入らせてもらって遅いランチとした。1200円で地元の食材を活かした野菜多めの定食。デザートもついて大満足。若い女性の店員さんに愛想よく応対していただき居心地も良かった。

f:id:fretta2019:20210517220255j:plain

16時の段階で集落の店はほぼ全店すでに閉店していた。人もほとんど見かけない。f:id:fretta2019:20210517220844j:plain

古い建物をリニューアルして利用している郵便局。内部も見せていただいた。f:id:fretta2019:20210517220855j:plain

岡山県指定重要文化財 旧吹屋小学校は保存修理工事中。f:id:fretta2019:20210517220907j:plain

子どもたちが4,5名走り回って遊んでいたけど、それ以外に人は見えない。非常に不思議な空間でなんか別世界かおとぎの国に迷い込んだような印象だった。

吹屋地区からクルマで狭い山道を15分ほど、看板がわかりにくくて迷いながらたどり着いたのは「広兼邸」。

f:id:fretta2019:20210517221500p:plain

すでに入場可能時間は過ぎていた。それにしてもお城のように高くて大規模な石垣に圧倒されて驚いた。f:id:fretta2019:20210517221305j:plain

映画八つ墓村で撮影に複数回使われたらしい。その雰囲気がよく感じられた。f:id:fretta2019:20210517221332j:plain

吹屋地区、広兼邸をのんびり散策していたら時を忘れてしまった。さて、次はどこへ行こうななどと考えていた。ところが、帰途の所要時間を考えるとレンタカー屋さんの閉店時間がせまっていた。あわてて高速道路を使い少しでも時間を稼いで岡山へ帰ることとした。途中工事による片側交互通行で場所ならぬ渋滞に巻き込まれ15分くらいロスしてヒヤヒヤさせられたが、閉店10分前には無事たどり着いてトラブルにはならずに済んでやれやれだった。

高梁市の江戸時代のセットのような町並みには時間感覚を狂わせるような作用があるのだろう。

カケラ 湊かなえ

www.amazon.co.jp

カケラ 湊かなえ
田舎町の女の子が大量のドーナッツに囲まれて自殺したらしい。
7人からの証言を独白するスタイルで徐々にその真相を明らかにしていく。聞き手は美容整形クリニックを経営している気鋭の美人女医。


それぞれの証言が口語体で綴られていてあまりにも読みにくい。結論の謎解きも「なんだそういうことなの」という印象で深みが感じられなかった。メインのテーマがデブ、美醜などの外見の美容に関することなので深堀りするのは難しい。
湊かなえさんの小説にはいつも驚かされているので、やや期待はずれ。

図書館で11ヶ月待ち。

日没 桐野夏生

f:id:fretta2019:20210506210712j:plain



日没
一年半前にヘイトスピーチ法が成立した社会が舞台。ヘイトスピーチだけでなく、あらゆる表現中の性差別、人種差別なども政府機関は規制し始めていた。そんなさなか、小説家や作家が相次いで入院・自殺しているとう噂。
小説家マッツ夢井に政府機関から召喚状がとどき、茨城県の断崖絶壁海岸沿いにある「療養所」と名乗る施設に収容された。政府機関によるとマッツは社会に悪影響を与える小説を書いているという理由でマッツを更生と矯正するために「入院」と称し外界との連絡を一切閉ざされた収容所に収監。食事虐待・自由束縛などで精神的にも肉体的にもマッツの限界を超える極限の監禁されるさまが詳細に表現された。
特定秘密保護法庵・安全保障関連法案(戦争法)・テロ等準備罪(共謀法)などなど国会で強行採決がくりかえされる近年。そんな状況でも国政・地方政治いずれも低投票率がつづく現代日本。「政府による人権侵害」それは実現しかねない、もしかしたらすでに実現しているかもしれない状況を小説として表現された、桐野夏生さんからの大いなる警鐘。

コロナ感染対策でクルーズ船狙い撃ち

4月29日から5月8日の予定で国内周遊クルーズ中の「にっぽん丸」

横浜市から中止して横浜に戻るように」と「強い要請」を受けて、クルーズを中断5月3日横浜に戻ってきた。たしかに5月1日に「飛鳥Ⅱ」がコロナ感染者1名発生で戻ってきたという事例もあるが・・・営業中止したことによる損失補償はあるのだろうか?「命令」ではなく「要請」というところに横浜市の責任回避する姿勢が現れている。

コロナ禍でクルーズ船が狙い撃ちにされているようにしか見えない。

www.youtube.com

f:id:fretta2019:20210503143221p:plain

 

5月3,4,5日連休のマリンスタジアム試合延期

GW真っ只中の3連戦が日ハム選手・コーチにコロナ感染者が発生したため延期になってしまった。個人的にもチケット買っていたので残念無念。

球団としては連休とはいえ観客数5000人制限していたので、振替試合でもっと客数を入れることができればとんとんか?代替試合日程をどこに入れるか不明だしGW並に集客期待できるような日はあるだろうか?

奇遇なことに二軍もちょうど同じ2,3,4日で日ハム主催で鎌ヶ谷球場の日ハムxロッテが予定されていた。こちらは延期でなく試合中止。

いったいいつになったらコロナ禍が収まるのやら。f:id:fretta2019:20210502145834p:plain

f:id:fretta2019:20210502145903p:plain

 

マリンスタジアム内外での飲酒禁止

f:id:fretta2019:20210430191415p:plain

ゴールデンウィーク期間中マリンスタジアム内外での飲酒禁止とのお願いという名前のお達しが出た。大元は国からであろう県経由の協力要請で・・・

要請するからにはお酒を飲むとどのように感染拡大するか数値を用いて科学的な説明するべきだし、営業損失の保証を業者にはするのが筋。

要請という形であり「強制」ではないから言い出している政治家は責任は取らないという姿勢。コロナ感染拡大対策しているよーというアピールのためだけに多くの市民が制限を受ける。現代日本は民主主義国家とは言えない現状だ。

千葉ロッテマリーンズ 井口の人事

f:id:fretta2019:20210430172100p:plain

新外国人エチェバリア 来日初めての登録。

抹消されたのは三木。

一方、4月8日から29日の間でたった打席は2打席のみ、いずれも凡退。肩がめっきり弱くなり不安が募る守備もほとんどつかなくなっている。もはやベンチで置物と化している鳥谷は井口の聖域として最後まで残すのだろうか?

↓鳥谷最近の成績↓

f:id:fretta2019:20210430172306p:plain

貴重な一軍出場枠の一つを戦力になっていない選手に浪費して、厳しいペナントレースを勝ち抜けるのだろうか?

 

なんて憤っていたらこんなニュースが・・・外野の定位置争いも激戦。清田が帰る場所はあるんだろうか?現状チーム状態いいので厳しそう。

f:id:fretta2019:20210430180036p:plain

 

f:id:fretta2019:20210430185254p:plain