自由人の独り言

思いつくまま気まま日記

JAL296 UBJ-HND 737 JA318J

山口宇部空港早くもクリスマス。f:id:fretta2019:20221201124056j:imageエヴァンゲリオンと何か関係あるんですかね?

JAL296定刻19:20のところ使用機材到着遅れで10分遅れるとのアナウンス。揺れるので熱い飲み物のサービスは中止。提供は冷たい飲み物だけになると。関東地方は雨だし、地上風も強まる予報だからしかたないね。

18:45飛行機到着。出発準備して19:18優先搭乗開始。火曜日の便なのに満席!ツアーの団体客も居る。全国旅行支援の威力か?

19:36 DOOR CLOSED。19:39 PUSH BACK。結局19分遅れての出発。

19:49 RWY07 TAKE OFF。到着時とは逆のRWYで少しでも時間短縮。f:id:fretta2019:20221201124119j:image離陸してまもなく雲に覆われ地上は見えなくなった。JAL737はWi-Fiがサクサク繋がるのがありがたい。巡航高度FL370。f:id:fretta2019:20221201124131p:imagef:id:fretta2019:20221201124143p:imagef:id:fretta2019:20221201124151p:imagef:id:fretta2019:20221201124200p:image館山市の辺りから大きく蛇行して迂回させられた。到着機混み合っているから?RWY22 ILSに飛行機殺到w。f:id:fretta2019:20221201124213p:image着陸直前、機内照明が落とされた。壁の色が離陸のときとは違う。f:id:fretta2019:20221201124246p:image東京湾に近づいてようやく地面が見えてきた。雲の切れ間があるみたい。ILS22 APPROACH。f:id:fretta2019:20221201124255p:image結局それほど揺れないままで着陸した。基本的に悪い方に脅かしておくんでしょうな。地上風も予報ほどには強まらずにRWY22 正対の方向から17KT。TAFの40KTは流石におおげさだったわ。まあ、TAFも悪い方に脅かす傾向あるし、当たらないことが多い。

21:14 ILS RWY22 LANDING 雨が降りしきる中をTAXI。

21:20 SPOT37 BLOCK IN。結局出発時よりも遅れが拡大して定刻20:40から40分も遅れた。おまけにオープンスポットでターミナルまでバス移動。737で運航しているローカル線とはいえ満席なのでバス3台も使っていた。ターミナルに付くスポットにつけてほしかったわ。おかげで21:30のリムジンバスに乗れずに一本遅れて45分も帰宅が遅くなった。22:15羽田発のバスも満席になって驚き!普段なら自分は寝ている時間、こんな遅くまで皆さん活動しているのね。

これにてようやく三日間の旅行が終了。新幹線とかクルマに比べて遠くに早く行けるけど、なんか飛行機での旅行で疲労が大きいような気がする。それはともかく無事に帰宅できてなにより。

 

 

萩博物館、明倫館、瑠璃光寺五重塔

萩博物館前駐車場にクルマを停めた。310円、本日中は明倫センター駐車場、中央公園駐車場でも追加料金が要らないとのこと。津和野駐車場が小一時間停めただけで500円もかかったのに比べて、萩市はクルマで観光するにも安くて便利。

萩博物館、入場料520円のところJAF割引で410円。割引率大きくてありがたい。イオンカードでも割引が効くとのこと。山口県での観光はイオンカードが便利そう。

www.city.hagi.lg.jp

f:id:fretta2019:20221201155039j:image「江戸時代の地図」特別展示中。その他動物の巨大剥製、萩城の資料、萩市の歴史的資料など盛りだくさん。さらっと観覧しても1時間以上経つほど充実している。f:id:fretta2019:20221201155100j:image世界遺産認定地域かな?古い街並みを散策。f:id:fretta2019:20221201155112j:image高杉晋作生家、入場料100円。意外と観光客が多くて次々と入場している。f:id:fretta2019:20221201155122j:imageお昼を過ぎたので休憩にプリン専門店「萩プリン亭」2個で796円。母はビールw「萩城下町ビールMURATA」ヴァイツェン660円。二晩連続のご馳走攻めでお昼ごはんを食べたいと思うような空腹感は感じない。f:id:fretta2019:20221201155237j:image明倫センター駐車場へ移動。入り口が自動改札なので本当に無料で停められるのかちょっと躊躇したが、明倫学舎1号館正面事務室にて無料化手続きをしていただいた。明倫学舎は江戸時代の萩藩の藩校に源流をもつ萩明倫小学校。昭和4年に建てられた木造校舎。f:id:fretta2019:20221201155245j:image懐かしさを感じさせる教室。f:id:fretta2019:20221201155255j:image木造校舎を単純に残しているだけでなくカフェ・レストラン・お土産ショップ。ジオパークビジターセンターの展示室などなど多目的に利用されている。1号館だけでも盛り沢山。

有料の2号館「幕末ミュージアム」・世界遺産ビジターセンターは時間的・体力的に限界だったのでパスした。半日かけて見ることができそうな規模感。3号館・4号館も市民が使える施設になっているみたい。萩は町並みだけでなく、明倫学舎など歴史あるものを大切に残し・使っているのが好ましい。f:id:fretta2019:20221201155304j:image

萩から帰途は昔の街道「萩往還」沿いの県道を山口市方面へクルマを走らせた。

途中佐々並市伝建地区をクルマで通過。人影は見えないし、半分くらいは空き家のように見えた。小雨がぱらつく天気も相まって、あまりにも寂しい伝建地区。

萩市観光協会公式サイトより拝借

峠を超えるとすぐに山口市市街地に入る。最初に訪れたのは国宝の瑠璃光寺五重塔。見るものを圧倒する迫力を感じさせる。1400年代築だろうか?歴史ある建物。庭園も素晴らしい。寺域散策を楽しんだ。無料なのがありがたい。毛利家墓所は土饅頭型。f:id:fretta2019:20221201155323j:image瑠璃光寺からクルマで数分「ザビエル記念聖堂」。1952年に建てられた初代聖堂は1991年失火により消失。1998年に再建された。拝観料200円。モダンな内装とステンドグラス。お金を払ってまで観なくてもよかったかなとは後の感想。f:id:fretta2019:20221201155331j:image宇部市内まで戻ってきてからガソリン給油。@160円,14.35L,2296円。295kmを20.6km/L。まあまあという結果かな?もう少し走って欲しかったけど。無事に帰ってきて何より三日間お世話になりました。

これにて萩旅行は終わり。全国旅行支援で頂いたクーポン券12000円分はまるごと萩焼に化けた。湯呑3つとご飯茶碗一つ。ありがとうございます。f:id:fretta2019:20221201155337j:image

萩八景雁島別荘二泊目

前日の夕食でお腹いっぱいのところに、朝食も和食のごちそうでお腹いっぱい。結局昼食はたべなかったけど、それでもまだ空腹感を感じない。

2連泊なのでメニューが変わった。一泊目の客は昨日我々に出されていたメニューなので、泊数に応じてメニューが変わるみたい。f:id:fretta2019:20221201155607j:image

f:id:fretta2019:20221201155635j:imagef:id:fretta2019:20221201155644j:imagef:id:fretta2019:20221201155655j:image黒毛和牛ロース陶板焼き。f:id:fretta2019:20221201155705j:imagef:id:fretta2019:20221201155718j:image赤むつの煮付け、海鮮朴葉焼き。メインの料理が3品ですか?wf:id:fretta2019:20221201155727j:imagef:id:fretta2019:20221201155735j:imagef:id:fretta2019:20221201155754j:image二泊目の朝食。オムレツ!f:id:fretta2019:20221201155802j:image朝食会場に鎮座しているカマキリ?型の電灯。オーナーの趣味で世界各地の芸術品が並んでいる。f:id:fretta2019:20221201155811j:image朝から雨の予報だったけど、降っていないので助かる。f:id:fretta2019:20221201155818j:image

萩、津和野観光

28日の観光、まずは萩反射炉世界遺産)から。1856年試作的に作られたらしい・・・幕末期に欧米列強に負けないようにみようみまねで金属溶解炉を作ろうとしていた先人の苦労を感じる。ここで萩市の観光スタンプラリーの台紙を頂いてそれを集めるべく行動開始!f:id:fretta2019:20221201160030j:imageスタンプラリー2箇所目「恵美須ヶ鼻造船所跡」。正直なところ「ここで大型船を作っていたんですね」という感想。反射炉のようにビジュアルで訴えるものが少ない。見晴らしのいい山の中腹にある吉田松陰さん生誕地、墓所銅像を観てから、その山の麓に降りてきた。スタンプ3箇所目「松下村塾(しょうかそんじゅく)」(世界遺産登録されている)。場所がわかりにくくてちょっと探したけど、正解は松陰神社の敷地内に「松下村塾」「吉田松陰幽囚の旧宅」が木造復元建築されていた。いずれも昭和時代に復元されたものだろうか?木造なだけに味わいが出てきている。松下村塾入り口の石碑前で、制服を着た近所の小学5年生6人から吉田松陰先生を説明させてほしいと申し出があり、お話するのを聞かせていただいた。手書きの資料を見せながら一生懸命に吉田松陰の残した詩、言葉を諳んじて唱えるのに頑張っているのが微笑ましい。社会科の授業ですかと聞くと、総合学習とのこと。昔はそんな科目なかったんだけどね。そばで女性の先生も見守っていて、最後にありがとうございますと。f:id:fretta2019:20221201160106j:imageスーツを着ている珍しい団体客がいるなと思ったら台湾からのお客さんとのこと。コロナの水際対策が緩和されて早速のご来日。萩を選ぶなんてなかなか渋い選択だね。f:id:fretta2019:20221201160118j:imageスタンプ4箇所目に萩城跡。これにてスタンプラリー達成なので、受付ボックスに投入。萩城跡入城料240円のところJAF割引で120円。割引率が大きくてありがたい。この地域も世界遺産登録されているけど史跡として残っているのは石垣くらい。立派な天守閣があったのに明治7年に解体されてしまった。残っている天守台が寂しい。内堀に囲まれた本丸跡は公園として整備されていて城跡を偲ぶような雰囲気はほとんど無い。市民は入場無料なので、市民の憩いの場、散歩道という感じ。城跡旧本丸内に移築されていた旧福原家書院は大規模解体修繕工事中。ネット探しても全然情報が見つからないけど。f:id:fretta2019:20221201160130j:imageお土産屋さん城跡ながお。昨年2月に夏みかんをたくさん頂いてお世話になった。その時のお礼にと手土産を持参したら、時期にはまだ早いけどとまた夏みかんをたくさん頂いた。無料の駐車場に停まっている車はだいぶ増えたけど相変わらずお食事提供は稼働していない。夏みかんジュースと甘酒900円で小休止してから、萩焼の湯呑とご飯茶碗3点合わせて9100円も購入。全部旅行支援クーポンで支払えた。f:id:fretta2019:20221201160153j:image城跡ながおの向いには「旧厚狭毛利家萩屋敷長屋」

萩市観光協会公式HPより拝借

1856年築の貴重な木造建築。萩城模型もあるので、お城好きは必見。萩城入城券を見せれば追加料金無し。f:id:fretta2019:20221201160202j:imageそれほど時間的に余裕があったわけではないが、萩まで来たなら津和野もでしょう。というわけで、クルマを小一時間ほど走らせて津和野まで。中心部に近いところの「中央駐車場」を利用したら500円。今日まわった萩市内の観光地はいずれも駐車場無料だったので、お値段高めで驚いた。

f:id:fretta2019:20221201160213j:imagef:id:fretta2019:20221201160221j:image津和野は小さい観光地。電線地中化されている中心部を小一時間ほどぶらぶらした。帰り道に車で前を通った鷲原八幡宮重要文化財のこけら葺きの楼門。2021年2月に工事で屋根がシートに覆われていたところは修復が済んだだろうと思っていたら・・・まだ状態変わらずだった。いつになったら本来の姿に戻るんだろう?重要文化財なのに。

萩八景 雁島別荘

www.ganjima.jp

宿泊は萩八景 雁嶋別荘(がんじまべっそう)。正面の駐車場にクルマを止めたら職員の方がすっ飛んで迎えに来てくれた。案内されたのは素敵なサロン?チェックインしたいのでフロントへ行きたいのだけど?と聞くとこちらで座って手続きしてくれと。淹れたての美味しい日本茶と茶果!私ごときになんと贅沢なおもてなし。書類にサインして、身分証明書とワクチン接種証明書の写メを念入り確認して頂いたのが全国旅行支援のクーポン。3000円x2人x2泊=12000円分。ありがとうございます。カードキーのデザインも素敵。f:id:fretta2019:20221201123826j:image通されたのは最上階の501号室。10畳+5畳。松本川に面して眺望良好。最上階なので天井が三角形に高くなっている!f:id:fretta2019:20221201123933j:image洗面台の奥には・・・f:id:fretta2019:20221201160547j:imageガラス張りの展望檜風呂!なんと床は耐水性の畳!大浴場の温泉が一階にあるのになんとも贅沢。f:id:fretta2019:20221201123855j:imagef:id:fretta2019:20221201160604j:image

公式HPから拝借

501室はジュニアスイートらしい。JALツアーでお安めの値段だったのによろしいのでしょうか?w。

夕食は料理長が腕をふるった和食のフルコース。どの品もすべて繊細で味わい深い。食事にうるさい母親が珍しくも「美味しい」との評価!私には贅沢過ぎるお料理でしたわ。f:id:fretta2019:20221201160631j:imagef:id:fretta2019:20221201160621j:imagef:id:fretta2019:20221201160643j:imagef:id:fretta2019:20221201160657j:imagef:id:fretta2019:20221201160711j:imagef:id:fretta2019:20221201160724j:imagef:id:fretta2019:20221201160735j:imageデザートのプリンも絶品でした。ごちそうさまでした。f:id:fretta2019:20221201160746j:image朝の萩市街。真ん中に見えるのが萩城跡の指月山。日本海まで見えてます。f:id:fretta2019:20221201160756j:image朝食もごちそう!もうお腹いっぱいだよ。f:id:fretta2019:20221201160805j:image

秋吉台、秋芳洞、金子みすず記念館

f:id:fretta2019:20221127100403j:image山口宇部空港レンタカー、10分ほど並んで借りたのは白いニッサンノート。JALダイナミックツアーで一緒に申し込んだら3日間12,900円。借りる際に保証を充実させる保険料金を追加で1980円クレジットカードで支払い。安めの料金で助かる。

小一時間ほどを田舎道ドライブして秋吉台に到着。f:id:fretta2019:20221127131713j:image草地の中に石がゴロゴロ転がってるカルスト台地。なかなか他では見れない景色に圧倒される。雲ひとつ無い空に奇景が映える。

秋吉台展望台からクルマで数分、エレベーター入場口から秋芳洞入場。入場料1300円のところJAF割引で1200円。ただし同行者は割引無し、シニア割引も無しなので二人で2500円カードで支払い。割引渋いしやや高いかなぁと思いつつ入ったところ...f:id:fretta2019:20221127131720j:image日本最大級の規模らしくて、結局2時間近くの洞窟散策となった。「百枚皿」「千町田(ちまちだ)」「黄金柱」「巌窟王」「クラゲの滝のぼり」「五月雨御殿」などなどの鍾乳石がなかなかのネーミングセンスで、かつ盛りだくさん。意外と見応えあって値段の価値あるかなとの感想。

一旦メインの秋芳洞入り口前から出場して、秋芳洞商店街をぶらぶら。半分くらいのお店が閉まっているが、客足はかなり戻っている感じ。食事できるところとしては唯一営業している観光会館安富屋でお昼休憩とした。うどんとそば二人分1250円paypayで支払い。よくある一般的な観光地のお味でしたな。意外と客が入っているのは周辺の飲食店ほとんど休業しているからでしょう。食べ終わって気づいたのはごぼう麺が名産だったみたい・・・それを食べるべきだったが、注文するときには気づかなかったわ。表に幟もたっているというのにorz。f:id:fretta2019:20221128084414j:image再び秋芳洞に入洞して、エレベータまで戻る。結局2kmくらい鍾乳洞を歩いて堪能した。

カルストロードを駆け抜けて、日本海側へ向かった。時間に余裕があったので仙崎の町並みを通過して青海島へ。橋でつながっているのでクルマで渡れる。

nanavi.jp

「波の橋立」に立ち寄ってみたところ、それほどの景勝という感じはしなかった・・・。廃業したホテルが物悲しい。打ち捨てられた観光地?

再び仙崎の町並みに戻り、母の発案で立ち寄ったのが「金子みすゞ記念館」。入館料350円のところイオンカード提示で50円引き300円で入館できた。JAF割引は効かない、モンベル割引はあるようだった。モンベルはご縁がないけど、意外とあちこちで割引があるみたい。自分はそれほどの認識はなかったが、昭和初期に童謡詩人として数多くの美しい詩を発表していた。金子みすゞが二十歳まで過ごした「金子文英堂」を復元しているだけでなく、生涯と各時期にまつわる数多くの作品と資料をキレイに展示していて意外と面白かった。23歳で結婚、一女を授かるものの夫との関係がうまくいかず26歳で短い生涯を自ら閉じた。不幸な結婚だったとはいえ死なずにはすまなかったのか?とも思うが昭和5年ではいまとはまるで世界が違うのでしょうな。f:id:fretta2019:20221128084424j:image

JAL 291 HND-UBJ 737 JA332J

羽田空港第一ターミナル07:00、 日曜だからか?結構な人出。f:id:fretta2019:20221127072924j:image未来的な自動荷物預け入れ機械に少々戸惑いながらもなんとかこなしてから保安検査。検査受けるために15分も列に並んだ。いつもどおり時間がおしている人は列を飛ばして案内している。ギリギリに来る客は列に並ばなくていい事実・・・。

f:id:fretta2019:20221127072932j:imageパワーラウンジから富士山が綺麗。窓際は満席。ラウンジも人多い。f:id:fretta2019:20221127072938j:imageゲート3から搭乗。朝日が眩しい。f:id:fretta2019:20221127083003j:image客多いのにボーディング遅めだった。7,8割くらい乗ってる感じ。f:id:fretta2019:20221127083011j:imageその結果定刻より5分遅れて

08:10 push back

08:23 RWY05 TAKEOFF 。f:id:fretta2019:20221127084235j:image箱根が見えたと思ったら、程なくf:id:fretta2019:20221127084308j:image近い!f:id:fretta2019:20221127084426p:image巡航高度26000FEET、周辺たくさん飛行機いるね。

海上からアプローチして09:44 RWY25 landing 。

09:48 block in 。5分遅れて出発したのに7分早着www。時刻表の設定間違えてるんじゃないの?

山口宇部空港。こじんまりとした昔ながらのターミナルで落ち着くなあ。